キッチンにおける浄水器情報

システムキッチン購入前に浄水器の設置場所が確保できるかを要チェック

購入前の注意点

浄水器やウォーターサーバーがちょうど入るような大きさのスライド収納になっています。大きな浄水が入るかどうかなど、浄水器やウォーターサーバーのような大きいものが入るかどうか。最近の製品は大きな浄水を収納するのに工夫されているものが多くでています。しかし、大きなものが入ったとしてもそれにスペースをとられて結果的に収容量が少なくなってしまっているものもあります。

最近はほとんどのシステムキッチンは従来の開き戸式からスライド収納へ移行しています。ただし、便利なスライド収納も浄水器やウォーターサーバーのような大きいものが入らないものもあるようです。

引き出しの奥行き、深さ、耐荷重をチェック

ポイントはスライドがどれだけ引き出されるか。途中までしか引き出せないものや、配水管スペースの都合で引き出しの奥行きが狭くなっているものもあります。

引き出しは適度な深さが必要です。

また、引き出しは適度な深さが必要です。浄水器やウォーターサーバーなどが入る深さの引き出しがあったとしても、それが深すぎてしまえば、結果的に収容スペースを壊してしまうことになるでしょう。さらに浄水器やウォーターサーバーに応じた大容量の収納の場合は、耐荷重もチェックしておいてください。

工夫された新機能もチェック

また、最近はL型キッチンの角のデッドスペースをワゴン式収納で有効に収納スペースにした製品も登場しています。

下がってくる収納。電動式のものもあります。

また、天袋も大容量の場合、モノが取りにくくなってしまう場合があります。収納棚が下がってくる機構があるものを使えば、普段から使うものでも高いところに収納することができます。最近は電動で上げ下げができるものも少なくありません。