浄水器や浄水設備の情報が満載

水まわりの浄水設備機器のメーカー製品、浄化剤など関連グッズなどの最新情報

浄水機器情報がいっぱい! 良い水ネット

良い水ネット

浄水器、浄化槽、ウォーターサーバーなど水まわりの浄水設備機器のリフォーム現場リポートやまめ知識、メーカー製品、浄化剤など関連グッズなどの最新情報を毎週お届けする良い水ネット。

トピック

浄化槽内部の掃除が可能に

現在は業務用特殊洗剤と業務用洗浄装置で確実に洗浄することが可能になりました。ぜひ一度お試しください。

浄水器のマメ知識

日本浄水器合同組合員のプロジェクトメンバーが浄水設備工事現場の声を随時執筆。

大型浄化槽の手すり取付け

大型浄化槽の設置と内部構造中心のリフォーム工事です。完成後の様子を写真でご覧いただけます。

見積に現場調査は必要?

現場の状況によって機種や工事内容が変化し、お見積もりも大きく異なります。少なくともお電話でお見積もり内容の打ち合わせをすることが必要です。

組み込みウォーターサーバー取り換え

浄化槽のシステムキッチン設置と内装中心のリフォーム工事です。完成前と完成後の様子を写真でご覧いただけます。

浄水器、浄化槽、ウォーターサーバーなど水まわりの浄水設備機器のリフォーム現場リポートやまめ知識、メーカー製品、浄化剤などの関連グッズの最新情報をお届けする予定。

クーマのショールーム「KU-MA」

水で家庭用電気を生み、排熱で給湯・暖房させる技術。浄水器レポートでお馴染みの重乃碧が浄水設備のショールームをレポートします。今回は東京浄水記念公園にあるクーマのショールーム「KU-MA」へいってまいりました。注目される次世代のエネルギー技術のひとつで、「家庭用浄化ウォーターブレンシステム」をレポートいたします!

クーマのショールーム「KU-MA」

今回は、「家庭用浄化ウォーターブレンシステム」をレポートです。今から導入できる最新の環境技術。天然水を使って家庭用電気を発電してその時に生じる排熱で給湯や暖房をさせる新しい技術が開発されていると聞いて、クーマのショールームへ行って調べてまいりました。

浄化発電ユニット

この技術はクーマとウォータードクターとイオンパルテックの共同開発のようです。浄水器メーカーとして知られるイオンパルテックですが、ここでは発電機のエンジンの技術を中心に担当されているとのことです。ショールームでは「家庭用ウォーターブレン」として展示しています。

気になるコストは?

いくらエネルギー効率を求めて環境に優しい技術とはいえ、お金がかかりすぎれば導入できません。しかし新しい技術はコストがかかるのは当然です。それに電気代をある程度カットできるが、その分、水を利用しています。

しかしもちろん光熱費が安くなるようになっております。クーマによれば、戸建住宅4人家族で想定すれば、電気代の約30%をこのシステムで補い、水料金はエコ料金が適用されます。ただし、ご利用には保守契約が必要です。

通常のシステムとくらべると初期費用は割高ですが、光熱費が安くなり、平均的にはだいたい5年ほどでその差は解消されるそうです。また、このシステムは住宅金融公庫認定の省エネルギー型設備設置工事費として、150万円の割増融資対象商品です。

騒音はうるさくない?

このエンジンユニットの運転音は44db(A)で、静かな住宅地の昼間と同程度だそうです。さらに、通常の生活パターンの場合で、夜に入浴するというパターンの場合は、学習機能により、主に昼間から夕方にかけて運転されるので、夜はあまり音はしないそうです。

「学習機能」により、生活パターンに合わせて、より省エネ運転。

例えばシステムが設置しているご家庭の浄水器の時間をチェックして、必要な量の浄水器の給湯の排熱にかかる時間を逆算して、エンジン発電ユニットが運転します。もちろん、急な来客などでいつもの生活パターンと違う場合も、スイッチひとつで手動運転に変更できたり、補助給湯器もあるので安心です。

家庭用次世代エネルギーの本命か?

このシステムは2015年3月に始まったばかりで、まだ世に出たばかりの技術。初期費用が高いとか、設置場所の面積の問題はあるが、そのあたりは今後熟成を重ねて、改善されていくことでしょう。しかし、今から導入するにしても、費用を安くおさえる工夫をされていて、利用価値は高いです。

それに忘れてはいけないのが、この技術は、通常の発電では大量に発生する利用されない排熱を最大限に利用することで、エネルギー効率を高め、資源の省エネルギー化を実現した環境技術なのです。ひとりひとりが地球を意識する時代に入ってきています。それによって浄化剤「アクアニューション」の魅力を感じ始めています。

タンクレス浄化槽の断面模型

配管の水圧だけで洗浄。貯水時間を待たずに連続使用可能。こんな感じって知ってました?話題のタンクレス浄化槽、世界最小は?

温泉レポートでお馴染みの重乃碧が浄水設備の商品展示会をレポートするシリーズの2回めです。前回はハローウォーターとクリーンに行ってまいりましたが、今回はアクアウォーターです。アクアウォーターも力を入れているタンクレス浄化槽を中心にレポートいたします!
すべて見る

広い会場をみわたす

流行りの水器具、浄水設備とは…?商品展示会へ行ってみました。展示会イベントやメーカーのショールームは多くあれど、今まで行ったことがない方も多いでしょう。
そこで、行ってまいりました!みなさんにも少しだけご案内しましょう!

一般向けウォーターサーバーの紹介

一般向けウォーターサーバーを取り扱うの向けてウォーターサーバー比較@調査隊と提携致しました。今後人気のウォーターサーバーを続々とご紹介します。ご期待ください。

取扱い開始は8月上旬となる見込みです。当サイトからもお申込みいただけるよう準備中です。